アメリカの主流メディアは新聞にしろテレビのネットワークにしろ何かと左よりだという話はカカシは何度もしてきた。特にテレビニュースの左巻きはひどいもので、先の選挙では大手ネットワークはこぞって民主党の選挙運動宣伝部と化していた。その中で唯ひとつ有線テレビのフォックスネットワークだけは中立を保ちスローガン通り、「公平で均衡」なニュースを報道をしてきている。
だが、自分が左巻きの満々中にいると、中間に居るフォックスニュースが極右翼に見えるとしても不思議はない。民主党の言ってることが常識であり、その支持者が中道だと思い込めば、本当の中道であるフォックスが極右の過激派に見えるのは当然といえば当然だ。
だから完全左巻きの主流メディアからしてみたら、極右翼でアメリカ市民の見解からはかけ離れているはずのフォックスニュースがやたらと視聴率を稼いでいる理由が理解できない。
オバマ王などは、フォックスが他のニュース局と違って自分のありがたさに平伏さないことに腹をたて、何かとフォックスネットーワークを名指しで批判し、この間行ったマラソンテレビインタビューでもフォックスニュースだけ除外したほどだ。
そのフォックスニュースが、またまた諸テレビ局の神経を逆なでするようなことをした。去る9月12日ワシントンDCで行われた対オバマ政権のデモ集会について、フォックスは「どうしてCBSもNBCも MSNBCも、そしてCNNもこの話を見過ごしたのか?」という集会の写真を使ってでかでかと一ページ広告を出した。
この広告について、名指しで批判されたテレビネットワークの各局は「集会について報道しなかったとは何事だ? 自分たちはちゃんと報道した!」と激怒。CNNのアンカーのリック・サンチェズなどは、ニュース番組中にCNNのニュース映像を混ぜ合わせながら、CNNはこんなにも広くこの話を報道した、CNNがこのニュースを報道しなかったというフォックスの広告は嘘偽りだ、デモ集会を奨励するのと報道するのとは別だ、と延々20分近く怒鳴りまくった。
フォックスニュースの広告には”How did CBS, NBC, MSNBC and CNN miss this story?”と書かれている。この写真と文章だけ見て単純に解釈すると、これらの大手ネットワークがこの集会が行われたという事実を見過ごしていた、つまり報道しなかったと取ることができる。だが、フォックスは本当にそういう意味でこの広告を出したのだろうか?
フォックスネットワークは自分中心の左巻きメディアとは違って、自分らがよそのネットワークから妬まれ嫌われていることは百も承知だ。自分らが間違いを犯すのを競争相手が魚の目鷹の目で狙っていることは充分に心得ている。だからフォックスが事実の裏もとらずにちょっと調べれば解るようなことを裏もとらずに発表するはずがないし、またすぐにばれるような嘘を新聞広告を出して大々的に発表するなんて馬鹿げたことをするはずもない。リック・サンチェズも指摘しているように、フォックスニュースでも人気コメンテーターのビル・オライリーなどは、CNNのリポーターが集会場で群集に野次られるシーンをみ見せておちょくっていたぐらいだ。
ではなぜフォックスは相手にすぐに突っ込みを入れられるような広告を出したのだろうか?ここで曲者なのがmissという単語である。miss(ミス)には「見過ごす、見落とす」と言う意味のほかに、「的を外す」という意味がある。フォックスは、他局がこの集会の本筋をきちんと理解できずに、お茶会運動について的外れな報道をしている、という意味で書いたのだとしたら話は通じる。現にフォックスのマイケル・タメロ販売副社長はこのように広告を説明している。

「一般的に言って、お茶会運動からエーコーンにしろ9月12日の行進にいたるまで、主流メディアは話を無視するか過小評価するかその重大さを歪曲してきた。」

サンチェズや他局の奴らがちょっとでも頭を使ってこの言葉の意味を考えていれば、フォックスの広告の意図は他局がこの話を報道しなかったという批判にあるのではないことがわかったなはずなのである。
だがなぜフォックスは、きちんと説明せずに誤解されるような言葉使いをしたのか? 
はっきり言ってこれはフォックスによる周到な計算だったとカカシは思う。フォックスは広告が他局から嵐のような批判を浴びることを充分に承知していた。そしてリック・サンチェズのようなアホがヒステリーを起こしてぎゃあぎゃあ叫びたててフォックスを批判することで、主流メディアの報道の仕方に不満を持っていながら惰性でネットワークのニュースを見ていた視聴者からの注目を集めようというのが本当の目的だったのだ。
だとしたら、その意図も理解しないでフォックス批判に飛びついた他局は完全に馬鹿をみたといえる。ま、奴らは常に自分らの常識がアメリカの常識だと思い込んで視聴者を馬鹿に仕切った態度をとっているからこういうことになるのだ。主流メディアはこれからもフォックスにどんどん視聴率を奪われていくことだろう。そうなっても、きっとまだ頭を掻いて「なんでフォックスなんぞに人気があるのだろう?」と完全に大事な話を見過ごしてしまう、それがアメリカ主流メディアの体たらくというわけである。


Leave a Reply

Your email address will not be published.