先日イスラエルでは待望の総選挙が行われ、元首相のネタニヤフが首相に返り咲く可能性が高まって来た。
選挙結果の詳しい議席数をflagburner’sさんが掲載しているので参考にさせてもらうとこうなる。
・Kadima カディーマ:28(23%)
・Likud リクード:27(21%)
・Yisrael Beitenu 我が家イスラエル:15(12%)
・Labour Party 労働党:13(10%)
・Shas シャス(トーラーを遵奉するスファラディー同盟):11(9%)
・United Torah Judaism ユダヤ教連合:5(4%)
・National Union 国家宗教:4(3%)
・Hadash(The Democratic Front for Peace and Equality):4(3%)
・United Arab List-Ta’al:4(4%)
・Meretz:3(3%)
・Jewish Home:3(3%)
・Balad(National Democratic Assembly):3(3%)
下記は河北新報の社説より。

選挙では、女性のリブニ外相(50)が率いる現与党の中道カディマが第一党を維持したものの、ネタニヤフ元首相(59)が党首を務める野党のリクードなど右派勢力の台頭が目立ち、右派6党で定数120のうち計65議席と過半数を獲得した。

右派が50から65に議席を増やし、左派・中道は70から55に退潮した。
右派の躍進は、イスラム原理主義ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザへの空爆と地上攻撃の強硬路線が成果を上げ、国民の支持を受けたからだとされる。武力でハマスを制圧し、イスラエルの都市部へのロケット弾攻撃などを抑え込み、安全な日々の生活を確保したい、という選択なのだろう。

ま、オルメルトはレバノン戦争でも大失敗をしたり、いまだに彼の弱腰のおかげでガザからは毎日何百というロケット弾が飛んでくるしでカディマの人気が落ちていたから、この間のガザ攻撃でも強攻にならざる負えなかったわけだ。
上記の議席数でもわかるように、どの一党も過半数を超える議席を獲得していないので数党による連立政権を作らなければならない。ネタニヤフ元首相が首相に返り咲くためにはリクード党を筆頭として、別の党との連盟を結ばなければならない。だが、カディマのリブニ外相はリクードとの同盟を実現させるなら自分が首相になるべきだと主張している。彼女はオルメルトにも増して鳩派だから、よしんば首相の座を諦めたとしても、彼女がそのまま外相としての座を保った場合、ネタニヤフの強攻外交をことごとく阻止しようとすることは目に見えている。
となるとリクード党はカディマ抜きで、労働党やシャスやユダヤ教連合と手をむすばなければならなくなる。これらの党にはそれぞれアジェンダがあり、必ずしもリクードと意見が合うかどうか疑問だ。


Leave a Reply

Your email address will not be published.