先日、国籍法改正案についてカカシの意見を述べたところ、お二人の方からコメントを頂いたのだが、お二人ともアメリカと日本では事情が全く違うので比べても意味がないとお考えのようだった。そこで本日は両国の移民問題について酷似している点を上げてみたいと思う。
日米ともに我々の国に住む外国人は大きく分けて四つのグループがいる。

  1. 麻薬や売春などを目的とする暴力団関係の犯罪者たち
  2. テロやスパイ行為などを目的とする敵国の工作員たち
  3. 経済的な理由から一時的に滞在している出稼ぎ労働者たち。
  4. 自国の腐敗した政治や経済状態に嫌気がさして自由で豊かな国に移住しようとしている人たち

国の安全に関わることなので、どの国も1と2のグループは徹底的に取り締まり、そのような人間の入国は断固阻止すべきである。だが、3と4のグループに属する人たちは一概に外国人だからといって阻害すべきではない。
読者からご指摘があったように、中国や韓国などでの反日教育は目に余る物がある。そのような国から大量に労働者や移民が日本へ流れ込むのは危険なのではないかという懸念はもっともである。しかし考えてみれば、これだけの反日教育を受けているにも関わらず、日本に出稼ぎに来たり滞在期間が過ぎても違法に滞在したがる外国人は、言ってみればものすごい親日派なのだと判断できないだろうか?
自国の反日プロパガンダを無視して、わざわざ言葉も文化も違う日本で働こうとか生きて行こうとかしている人たちこそ日本社会は歓迎すべきなのではないか、そういう人にこそ日本に来てもらうべきなのではないか?
日本に日本人として生まれ育った人たちのなかには偶然得た日本国籍をおざなりにしている人たちがかなりいる。単に日本人として生まれたというだけで日本への愛国心などくだらないと考えている人たちもいる。そうした人々に比べたら、日本が好きで日本人になることを自ら選んだ移民のほうがよっぽども日本への愛国心を持っていると思う。そういう人たちを言葉が違うとか毛色が違うからといって阻害するのは日本社会にとっても大きな損失であると考える。
だが、短期間に大量の外国人が日本に入ってくるとなると多くの問題が起きることは否めない。極右翼と自負されて憚らない瀬戸弘幸さんのブログからこの問題点を引用させてもらおう。

  1. 言語 時代と共に緩やかな変化を遂げてきたものが、大量の移民の受け入れが短期間に行なわれることによって、日本語のみが公用語とはならずに、他国の言語が公用語となって、最悪の場合日本語の消滅の危機とさえ感じます。
  2. 歴史と文化 その国には独自の文化があり、それは長い歴史の中で培われてきたものですが、この貴重な文化・習慣などが破壊されて、過去の遺物として葬られる恐れがある。
  3. 価値観 日本人の価値観は家庭での教え、共同体での経験、学校での教育などで身につけていくものです。外国人の中には全く日本人と価値観の違った人も多い。価値観の違う人々は要らぬ誤解や争いから衝突する危険性を秘めている。
  4. 治安 外国人移民の受け入れは治安の悪化をもたらす。これは最近の傾向として顕著であり、否定できない事実です。犯罪の急増は社会機能の低下をもたらし、国家そのものを瓦解させる危険性をはらんでいる。
  5. 疫病 最近日本ではまた結核患者が増加してきた。これは外国からやってくる人達によって感染したものであり、今後どのような疫病が蔓延し、それが広範囲に流行するかも知れません。また、これらの奇病・難病に対する有効な防止策も手段もありません。

実を言うとこれらの項目はアメリカ国内で大量の移民受け入れに反対する人々の意見と全く同じである。
しかし私はこれらの問題を避ける、もしくは最小限に抑えるためには、移民にしろ季節労働者にしろ、外国人だからといって差別や特別扱いをせずに日本の法律と価値観に従って公平に扱うことが第一だと考える。これについて読者の方から『日本に移住したがる外国人は侵略者であり、日本人同等になど扱えない』というコメントがあったが、外国人に日本の言葉や文化や価値観を乗っ取られたり、侵略されたりしないためには、差別や特別扱いは禁物である。
ここで私ははっきり申し上げておくが、私は移民法の緩和を提唱しているのではない。むしろもっと厳格でかつ公平な法律改正を求めているのである。読者の方々からは私が条件付きの移民奨励を唱えているので、カカシは多文化主義のリベラルかと誤解を受けるかもしれないが、多文化主義は人種差別の裏替えしであり、これほど近代文化を脅かす思想は存在しない。
次回の『酷似している日米移民問題その2』では、外国人を差別や特別扱いせず公平に扱うことが、どのように日本の言葉や価値観や文化を守ることにつながるのかご説明したいと思う。


2 responses to 酷似している日米移民問題 その1

oldman11 years ago

移民問題のとらえ方が私とカカシさんでは全く違うということがわかりました。
私は安全保障問題こそ我が国における移民問題の中心課題だととらえています。日米の最大の違いは、米国の周辺には米国を植民地にしようとたくらむ国は存在しないことです。メキシコ人の多くが反米であるとしても、国家としてメキシコが米国侵略の意図を持っているわけではないでしょう。
しかし、我が国の周辺にはそういう国が約二カ国存在します(少なくとも今や多くの国民がそう考えているようです)。
中国と朝鮮です。
とりわけ中国は恐ろしい国だと私は見ています。
中国は国土面積のわりに人口が異常に多く、かつ水不足、環境破壊などにより人々の生活圏が縮小しつつあります。共産党独裁体制を維持するには国民に豊かな生活を保証することが必須であるわけですが、そこに海外への領土拡大の必然性なりドライビングフォースなりが生じます。
最近中国は露骨に領土的野心を表に出すようになりました。
中国による西太平洋支配を米国に提案したのはその一つの現れです。
最新のニュースでは空母2隻の建造着手が報じられています。
http://www.asahi.com/international/update/1229/TKY200812290199.html
以前から、我が国への人口侵略が懸念されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/32036445.html
中国海軍による領海侵犯事件が相次いでいます。
軍部強硬派には日本殲滅を公言する者がいます。
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/08/html/d82122.html
日本国内には中国の利益を代弁するかのごとく行動するグループが存在します(中国と直接つながっているという証拠があるわけではありませんが)。国籍法改悪の中心人物である紅の太郎、1000万人移民を提唱する仲皮秀直などです。
移民や出稼ぎ労働を希望する一人一人の中国人の多くは善良な人々であり、国家の意向などまったく関知していないのでしょうが、ある日突然、破壊活動に動員されるかもしれません。長野聖火リレーへの中国人の大量動員はそのような懸念を裏付ける出来事でした。

ReplyEdit
sadatajp11 years ago

現地のやり方に自身が合わせるか、自身のやり方を現地に押し付けようとするか。私の着目点はこれです。カカシさんの示した四つのグループの内の4が上記の二つに分かれ、その後者が侵略者だと言ってるのです。外国人全部をひっくるめて侵略者といってるのではありません。前者は歓迎しますが後者は歓迎出来ません。
また、私が外国人を日本人と同等には扱えないというのは、カカシさんが外国人差別と意識せず書いてる程度の扱いの違いのことを言っているに過ぎません。詳しくは私のブログに。
http://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20081231/1230703048

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *