本日のエントリーは最近提案された国籍改正案についてである。実はカカシは明日からまた出張で、いまだにノートパソコンの修理が出来てないのでネットアクセスはしばらく不能になると予測される。かなり忙しいのでこの件についてきちんとした調査もしていないし考えもまとめていない。それでカカシの従姉妹のMちゃんからのメールをそのまま添付したいと思う。彼女の言ってることが本当かどうか全く解らないが、一応読者の皆様に一緒に考えていただきたいと思う。
帰宅したら改めてカカシなりの意見を述べるつもりだ。
***********
カカシお姉さんへ、
こんにちは、お久しぶりです。Mです。
実は、友人から情報を聞いてびっくりしたのですが、日本でたいへんな法案が可決されてしまいました。
日本人の男性と外国人の女性のあいだに生まれた子供(19才11ヶ月まで)を「認知するだけで」日本国籍を与えるというものです。(詳しくは上のアドレスをごらんください。もっと危険なことが書いてあります)DNA鑑定などの必須条件がなく、虚偽であったときの罰則も軽いので、施行されたら、大量移民の危険もあります。(最初に認知された子供が国籍をもては、その人はもう日本人なので彼がさらに認知するという形で鼠算式に増えるため)ホームレスなどにお金を払って虚偽の認知をさせ、日本国籍を得るという方法が簡単にできる危険があり事実いま、やくざが大勢のホームレスを集めているといううわさもあります。
これは、自民党の河野洋平の息子、河野太郎が、麻生首相が金融サミットなどで忙しいあいだに、法務省内の在日韓国人の法務官僚とはかって秘密裏にすすめ、首相をだまして、どさくさにまぎれて通してしまったものです。ほとんどの国会議員も選挙の準備で知らされていなかったという話です。この件について日本のマスコミは、沈黙していて、いっさい報道してくれません。
インターネットで情報を入手した心ある人たちが自主的にFAXやメールなどで、法務省や衆議院議員、参議院議員に抗議していますが、施行されてしまう可能性が高いのです。
衆議院で可決された日は11月18日で、創価学会設立記念日、施行日の12月8日は、パールハーバーの日です。表立って動いているのは、河野太郎ですが、裏には公明党と民主党がいます。民主党の小沢一郎は、中国と内通しており、この改正された国籍法で、一気に大量の中国人と韓国人が日本に流入してきて選挙権を得ます。そののち、民主党が政権を獲得し、日本は中国の支配下(自治区)になる、という筋書きのようです。
テレビや新聞がこの件に関してほとんど沈黙しているため、多くの日本人がこのことを知りません。いま、世界経済の下支えをしようとしている日本が、中国の支配下に入ったら、世界的にもたいへんなことになると思います。
友人に教えられたまとめサイトのアドレスを貼ります。この法案を知った人はみな、なんとか施行を止めようと必死です。
どうか、ブログで取りあげるなど、周知に協力してください。よろしくお願いします。
また、海外の、親日で反中のメディアなどご存知でしたら、ぜひ、知らせてください。
                                  M


1 response to 国籍改正案がもたらす危険

In the Strawberry Field12 years ago

国籍法より移民法の改正を

遅ればせながら、従姉妹のMちゃんから送られて来たメールの件で、日本の国籍法改正案についてちょっと考えてみたい。 実を言うと移民問題はカカシにとっては他人ごとではない。何故ならば、カカシ自身が1980年代にアメリカに移住し、その10年後にアメリカ国籍を取得した移民だからである。カカシのアメリカにおける移民法に関する意見は以前移民問題を装う人種差別や移民法改正案阻止が共和党の崩壊へとつながる可能性でも述べているが、カカシは移民に対して非常に同情的な立場にあるということを読者の皆様にご理解願いたい。 私は…

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *