The English version of this entry can be read Biglizards.net/blog.
昨日ジョージ・W・ブッシュ大統領は、イスラエル議会の前ですばらしい演説を行った。

世の中には暗黒を把握できず言葉で説明しようする善良な人々がいます。これは自然です。でも致命的な間違いです。過去の悪の目撃者として我々は彼ら悪者の言葉を真剣に受け止める重大な責任を負っています。ユダヤ人もアメリカ人も憎悪を表現する指導者の言葉を無視したことの結果を見てきました。21世紀の世界はこの間違いを二度と繰り返してはなりません。

人によってはテロリストや過激派と交渉すべきだと信じる人がいます。あたかもなんらかの巧みな話術によって彼らが間違っていることを説得できるかのうように言います。このような愚かな幻想は以前にみたことがあります。ナチスの戦車がポーランドに侵略した1939年、アメリカのある上院議員は「ああ、ヒットラーと話をすることさえ出来れば、こんなことは避けられたのに」と語りました。 我々にはこのような発言は、そのものずばり、譲歩(appeasement)による偽の安心感であると断言する義務があります。 このような行為は歴史のなかで何度も失敗してきました。

これに対して即座にバラク・オバマは譲歩や妥協策と言う意味の「appeasement」政策への批判は自分への批判だと思い込み、過激反応した。:

伝統的に米大統領が異国の土地に居るときは、政党間争いは停止するのが慣習となっているが、ブッシュの発言に対してオバマは即座に反則だと批判した。イリノイ代表第一期目の上院議員はあたかもこれらの発言が合衆国がならず者とみなしている国の政権の指導者たちとも個人的に会う意志があるという姿勢を持っている自分への批判であるかのように反応した。

「ブッシュ大統領の演説はイスラエル独立60年の場を借りた、誤った政治攻撃だ」とオバマ関係者が配った声明文でオバマは語った。「ジョージ・ブッシュは私がテロリストとの交渉を一度も支持したことがないことを知っています。大統領による外交の過激な政治化や恐怖の政治はアメリカや同盟イスラエルの安全保障に何の役にもたっていません。」(ミスター苺注:オバマをホワイトハウスに入れさえしなければアメリカや同盟イスラエルの安全保障に非常に役立つとおもうけどね。)

カカシ注:上記のオバマの発言については読売新聞の記事にあった翻訳を一部引用させてもらった。
さて、このやりとりについてもうすこし詳しく吟味してみよう。

1: 疾しい者は追われずとも逃げる

ブッシュは譲歩策を批判した。そしてオバマは即座に自分のことを言われていると気がつき、怒って自己弁護するべく反応した。つまりオバマ自身、無条件でマフムードや金正日やラウールやウーゴと会う行為は限りなく譲歩に近いということを認識しているということだ。
しかしオバマはイランや北朝鮮やキューバやベネズエラよりもアメリカこそが、世界の問題の根源だと考えているわけだから、我々が改めるべきなのだと信じているのだ。我々こそ我々の「カウボーイ外交」で「テロリスト」の汚名を着せられ長年「犠牲者となった」人々(ハマス、ヒズボラ、アルカエダなんかがこれに入る)に会うべきだというのである。我々は謙虚になってこした犠牲者たちと会見し許しを請い、我々への攻撃をやめてくれるよう嘆願するべきだというのだ。なにしろこれはそもそも共和党による誤った政策が原因だったのだから。
(オバマは20年間聞かされてきたジェラマイアー・ライト牧師のお説教に感化されたのだろう。)
しかしオバマはそんなことを表立って発言できないことは知っている。そんなことを言ったら絶対に当選しない。オバマは多分これはアメリカ人が真実に直面するのを恐れているからだと考えているのだろう。何にしろオバマはこの自分の本心を必死で隠そうとしている。
オバマには疾(やま)しい心があるからジョージ・W・ブッシュの口から自分の本心が放たれた時、オバマは自分のことを個人的に攻撃されたものと決めつけた。感情的になったあまりオバマはブッシュがオバマを名指しで批判していなかったことにも気がつかなかったのだろう。

2: 誰のことを言ってるのか私にはわかる!

無論ブッシュはオバマのことを言っていたのだということは明白だろう。そしてブッシュは演説を聞いた誰もが、特にオバマ自身が、オバマのことを考えるという事実も知っていたのだ。つまりこれはブッシュ大統領がオバマに仕掛けた罠だったのであり、政治的に未経験なオバマはそれにまんまと嵌ってしまったのである。

これに対してホワイトハウスのデーナ・ペリノ報道官はイスラエル議会での発言はオバマに向けたものではないとし、あのような表現はブッシュ大統領の演説では頻繁に使われているとした。また国土安全保障のゴードン・ジョンドロー大統領報道官も長期にわたって「広域に渡ってハマスやヒズボラや彼らの援助国家と交渉すべきだと示唆する人々がいた」と語った。

最近ではカーター元大統領がその一人で、ハマスと会見してブッシュ関係者及びオバマやマケインからも批判を浴びている。
ホワイトハウスがブッシュは民主党に向かって批判したわけではないと説明しながらも、ペリノ氏はちょっとした諌(いさめ)の言葉を忘れなかった。
ペリノ大統領報道官は、ブッシュ発言はオバマ氏を念頭に置いたものではないとした上で、「選挙を戦っていると、世界が自分中心に回っているように思えるものだ。しかし常にそうだとは限らない。今回はまったく真実ではない。」 と語った。

バラク・オバマは全く馬鹿を見た。「appeaser」という譲歩をする者というのが、誰も自分の名前など言ってないのに自分のことだと思い込み、大騒ぎして自分中心の性格を世間に暴露してしまったのだ。なんたるナルシスト!
これはホワイトハウスによるおごり高ぶって有頂天になっている尻の青い新人を諌める功名な作戦であった。

3: 罠に嵌ったオバマ

どんな分野でも新人が最初に職場につくと、経験豊かな先輩が新人をからかって不可能な仕事をいくつも言いつけることがある、この作戦は新人の無知と未経験を利用するのがミソだ。 今回のオバマの過激反応はまさにオバマの無知と未経験をさらけだす恥さらしな結果を招いた。
これがビル・クリントン元大統領のように、経験豊で賢い政治家ならこんな手には乗らずに、こんなふうに応えていただろう。

、、演説を聞きましたが、全く同感です。ブッシュ大統領のおっしゃることはもっともです。テロリストや過激派と交渉など絶対にすべきではありません。大統領がそれを理解していると知ってうれしいですよ。ただ政権の指導者のなかにはどうしても会って話さなければならない人がいるということもわかってほしいですね。つまり、私が大統領だったころは常に、、、 [とビルの自慢話へと続く.]

つまり、ブッシュ大統領の批判作戦が成功するためには批判された本人がそれが自分に向けられたものだと気がついてこそ効果がある。もし当人が気がつかないか、または気がつかない振りをすれば、批判した側は批判の対象人物の名前を上げるわけにはいかないから、作戦は失敗する。
だが尻の青いオバマはこの罠に全然気がつかずにまんまと嵌ってしまい、両手をふってもがいているわけだ。今回のことでオバマがどれほど愚かに見えたか有権者が気がつけばオバマの支持率にも影響がでるだろう。

4:無知と未経験をさらけ出したオバマ

今回の騒ぎで明らかになったことが二つある。ひとつは、バラク・オバマがテロリストやイランのようなならず者国家の指導者と交渉できるというナイーブな、まさにブッシュ大統領のいうところの譲歩政策を持っていることと。二つ目には大統領の巧みな批判に乗ってしまうほど判断力が貧弱であり感情的になってすぐ怒り騒ぎまくるという点だ。
どちらも大統領としておよそふさわしくない性質である。
このことがすぐにオバマの支持率に悪影響を与えるという保証はない。なにしろ主流メディアはなんとしてでもオバマの失態を隠そうとするだろうから。しかし11月に向かって選挙運動中のオバマによる度重なる失言や失態の蓄積はいずれその影響を及ぼすはずである。 時がたつにつれて、まだ誰に入れるか決めていない有権者の間では、オバマのような新人に大統領の仕事を任せていいのかどうかかなりの猜疑心が生まれてくることは間違いない。


5 responses to ブッシュ名演説への過激反応でみせたオバマの未経験ぶり

mhgt11 years ago

私は個人的にテロの根源はアメリカにあると思いますよ。かといって全責任がアメリカにあるとも思えませんけどね。
アメリカ国家より長い歴史がある中東に今更ア~だコ~だ言った所で、収まるとは思いませんし、それは民族や宗派問題で、又、これからも何千年と飽きずに繰り返していくのが、彼らの文化。ほっとけ、と言いたいところですけどね。だっていずれは自爆して終わりだもの。
 アメリカが食料給油しなきゃ良い話。オイルでも食って長生きしてね!と出来ないのが、アメリカの投資家とつるむ政治家の話でしょうが。そこで個人がどうあがいても無駄な話だし、消費化活動なんて、アメリカ人は絶対しませんから。地球の日だって、なんですか? ぐらい鈍い人達ですよ。
 まず、多極化を目指してる政治家がいるようですけど、結局は、オバマ氏は多極化派ではあると思いますよ。いや、彼はケニヤに愛国心があるのでは? と私は狙ってますから基本的に、アフリカ経済重視でアメリカ経済は二の次でしょう。
 第一、汚い政治を実行したり、経験してる政治家がいきなり新米のオバマ応援に付くのが、臭いよ~と思わない人って本当にナイーブですよ。ケネディー家で臭いと思いましたもん。
 年収$75千ドルからの税率の切り替えだったでしょうか? これじゃ~NYやCA で人気がないのは当たり前ですし、黒人票が多くて当たり前だろうがよ~。全く馬鹿馬鹿しい。
正し、彼はエリート主義であることは、 黒人だって分かってない事だろうね。肌の色じゃないんだよね。経済格差での考え方の違い。上手くメディアは取り込んだ物だ。
 日本のメディアってオバマ派なんだよね。アメリカのあるメディアもそうだけど。 ただ、黒人を知らない金持出身の白人に人種差別はいけないという感覚でオバマ保護されても、笑ってしまうけど。日本のメディアも有色だから『オバマ氏!!』なんて感覚だけど、黒人ほど他色に感しては偏見的だと日本人は知らないんでしょうかね。

ReplyEdit
mhgt11 years ago

私は個人的にテロの根源はアメリカにあると思いますよ。かといって全責任がアメリカにあるとも思えませんけどね。
アメリカ国家より長い歴史がある中東に今更ア~だコ~だ言った所で、収まるとは思いませんし、それは民族や宗派問題で、又、これからも何千年と飽きずに繰り返していくのが、彼らの文化。ほっとけ、と言いたいところですけどね。だっていずれは自爆して終わりだもの。
 アメリカが食料給油しなきゃ良い話。オイルでも食って長生きしてね!と出来ないのが、アメリカの投資家とつるむ政治家の話でしょうが。そこで個人がどうあがいても無駄な話だし、消費化活動なんて、アメリカ人は絶対しませんから。地球の日だって、なんですか? ぐらい鈍い人達ですよ。
 まず、多極化を目指してる政治家がいるようですけど、結局は、オバマ氏は多極化派ではあると思いますよ。いや、彼はケニヤに愛国心があるのでは? と私は狙ってますから基本的に、アフリカ経済重視でアメリカ経済は二の次でしょう。
 第一、汚い政治を実行したり、経験してる政治家がいきなり新米のオバマ応援に付くのが、臭いよ~と思わない人って本当にナイーブですよ。ケネディー家で臭いと思いましたもん。
 年収$75千ドルからの税率の切り替えだったでしょうか? これじゃ~NYやCA で人気がないのは当たり前ですし、黒人票が多くて当たり前だろうがよ~。全く馬鹿馬鹿しい。
正し、彼はエリート主義であることは、 黒人だって分かってない事だろうね。肌の色じゃないんだよね。経済格差での考え方の違い。上手くメディアは取り込んだ物だ。
 日本のメディアってオバマ派なんだよね。アメリカのあるメディアもそうだけど。 ただ、黒人を知らない金持出身の白人に人種差別はいけないという感覚でオバマ保護されても、笑ってしまうけど。日本のメディアも有色だから『オバマ氏!!』なんて感覚だけど、黒人ほど他色に感しては偏見的だと日本人は知らないんでしょうかね。

ReplyEdit
scarecrowstrawberryfield11 years ago

mhgtさん、
あなたのような考えはアメリカの旧保守派のいう孤立主義ですね。でも911以後のアメリカではそうもいってられなくなった。中東の野蛮人同士が殺し合ってればいい、放っとけ、と言おうにも、彼らはイスラム教によって世界を支配すると公言しているだけでなく、アメリカ及びヨーロッパ諸国でのテロ行為を行っています。
テロの責任はテロリストにあるのです。テロの被害にあっている人々に責任があるという考え方は間違っているだけでなく非常に危険です。
オバマ氏は黒人であることだけを売り物にしていては勝てません。一般中堅層からも人気を得る必要があります。彼が黒人かどうかなんてことは、はっきり言ってどうでもいいことです。私が彼を嫌いなのはあまりにも過激なリベラルだからです。
カカシ

ReplyEdit
mhgt11 years ago

ん~、孤立主義といいますか自分の裏庭の掃除できないで、他人様の裏庭掃除行くほど余裕は無いのでは? って主義です(笑)。 私は基本的にテロリストの恐怖を感じるよりも、ギャング関係のテロの方が、身近で怖いですもの。あれも軍隊出してくれないかしら? とか思っちゃいますよ。
>テロの責任はテロリストにあるのです。テロの被害にあっている人々に責任があるという考え方は間違っているだけでなく非常に危険です。
 といいますか、ヨーロッパ諸国やアメリカが100%被害者と言うのは、私にとっては無理があります。これって、感覚的には真珠湾攻撃が100%日本の責任と言うのを信じます、と似てますけど。ナチスにしても、アメリカ側からの資本家の援助があったのを知らない訳じゃないでしょう?
 歴史的にアメリカって、表向き正義感を振りかざす事が得意ですけど、日本のぺりーの黒船や、ネイティブアメリカンの抹殺からは、余り変わってないとは思うんですけど。ま、やり方がハイソにはなりましたけど。
>彼が黒人かどうかなんてことは、はっきり言ってどうでもいいことです。私が彼を嫌いなのはあまりにも過激なリベラルだからです
 このことを分かってる保守系のアメリカ人はいるのですが、これを日本のメディアは報道したがりませんね。アメリカでも彼を支援する人はいますし、そんなメディアも沢山存在しますけど、『こいつらアホ??』と1番思ったのは、朝のトークショーの『The View』でした。ジェリースプリンガーのハリウッド版って感じでした(爆笑)。日本で言えば、彼を応援する事は、社会党か共産を応援するのと同じなんですけどね~。プログでも、『イケイケ、オバマ』を探すのはすごく簡単ですけど、それと同じく『ヒラリー嫌い』も超簡単です(日本では。。爆笑)。オバマ氏に疑問的な日本のプロガーってカカシさんくらいですよ。(全く、ありがたく読ませてもらってます)。
 

ReplyEdit
dust_speculator11 years ago

全てのテロリストとは言いませんが、イスラム過激原理主義者が攻撃対象としているのはアメリカではありませんよ。民主主義国家に対してということを全然理解していないようです。
http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue/2006/08/_6_7fdd.html
まぁ、宗教音痴の国民性なので仕方ありませんが。
それに、「テロの責任はテロリストにあるのです。テロの被害にあっている人々に責任があるという考え方は間違っているだけでなく非常に危険です」という意見に、物凄く賛成です。
アメリカは国の政策として、民間人を意図的に攻撃しませんが、テロリストらは意図的に、一番弱い民間人を攻撃対象としています。アメリカとテロリストを同列に扱うのは、非常識も甚だしいと思います。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *