今日はちょっとお知らせ。
明日から日本へ二週間ほど出張する。その間のネットアクセスは宿泊するホテルによるのでどうなることやら。なにしろ合計4つのホテルを点々をすることになっているからよくわからない。
うちの会社は私が行く予定の地域で会社の予算にあうホテルが全く見つからないといって予約の手続きなど全くしてくれない。それでカカシは自分で検索したら、結構予算以内のホテルは存在することが分かった。ただし、英語検索で見つかるホテルは交通の便は空港の近くとか主流な駅の近くとかが多いがその分割高のところが多く、ローカル線をちょっと乗ればいけるところにある「なんたら旅館」などは絶対に見つからない。これでは会社の旅行課が探せなかったのも無理はないのかもしれない。
それにしても、外国への出張だというのに地元の役員が迎えにきてくれるわけでもなく、支店への道順も教えてくれないこの不親切者。空港からバスで一時間以上もある支店なのにどのバスに乗れとも教えてくれないのだからひどいものだ。日本語が分かる私でも不安なのに、一足先に行った日本語の分からない同僚は、なんとか一人でたどり着いたというのだから感心する。世の中には結構度胸のある人がいるものだ。 支店への道順を教えてくれと支店にメールを打ったら、この彼女がむかえにきてくれるという。まったく支店の日本人は何をやっとんのじゃ?
それではもう遅いので今夜はこのへんで。明日以降のエントリーは不規則になると思うが、なるべく書くようにするのでご了承いただきたい。


4 responses to 日本へ出張

アラメイン伯12 years ago

それは、お会いしたいですが、高知県のほうに来ることはないでしょうね。
お気をつけて!!

ReplyEdit
scarecrowstrawberryfield12 years ago

下記はSoftycafeさんからのメールですが、ブログ関係のことなのでこちらに移行しました。個人情報は削除してあります。
*******************
はじめまして こんにちわ。
HN Soltycafe です 
イラク関連の記事を主に読まさせて頂いてます。
COINが功を奏しつつあるという記事が、最近では特に興味深かったです。
(略)
今、私はイラクに見られるような、戦争後の混乱状態はいかにして収束されるのか、と言うテーマについて、様々な立場の人の意見や見解や主張を、聞いてまわっていまして、興味深い記事を書かれる苺畑さんにも、お話を伺いたいなと、思っていました。(略)
お話を伺いたい事というのは、私が最近に出会った、とある見解なのですが
『アメリカ軍とイラク政府と周辺外国勢力は排除し、現地部族勢力やレジスタンスや旧バース党を主導に、イラク国内をまとめ上げるのが、治安安定に効果的』
と言う物がありました。
この見解は、イラク情勢ニュース、というサイトの管理者の方のものです。
彼の見解の論拠となっているような記事を、いくつか集めました。
まず大方の論拠はこの記事に集約されていると見られます↓
『バース党幹部のインタビュー』
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2007_Dahr_Jamail_20070420.html
現イラク政府の否定については↓
選挙の正当性を否定する人々
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2005Dahr_Jamail_31122005.html
レジスタンスとは↓
イラクの武装勢力は善良な市民?
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2005Good_and_honest_Iraqis_fighting_US_forces.html
といった感じなのですが、これらの事に関して、いくつか質問させてください。
①レジスタンス、と呼ばれる勢力についてどう思いますか。
また現地住民にはレジスタンスはどう思われていると、思いますか?
②バース党幹部のインタビューにおいて、交渉による紛争の解決が言われていますが、このような解決方法についてはどう思いますか?
また、今の状況で有志連合を撤退させることは、イラク国内、国外にどのような影響をもたらすと思いますか?
短期的でも、長期的にでも。
③現行のアメリカの路線(COIN作戦、イラク政府治部隊育成など)で、イラクの市民が満足できる程度の治安の安定が得られると思われますか?
以上です。
長くなってしまいすみません。
もちろん、質問以外でのご意見などもあれば、いただけると嬉しい限りです。

ReplyEdit
scarecrowstrawberryfield12 years ago

Softcafeさん、
これらの質問にはコメント欄では答えきれないので、簡単なことだけ書きますが、詳細は今後のエントリーを読んでいただきたいと思います。特にCOINがうまくいっているという話は英語版のほうでかいたので、こちらにも日本語で書きたいと思っています。ただいま出張中ですので、ちょっとお待ちください。

①レジスタンス、と呼ばれる勢力についてどう思いますか。また現地住民にはレジスタンスはどう思われていると、思いますか?

レジスタンスといっても色々ありますが、アルカエダやシーア民兵の勢力は衰えつつありますね。現地の人々もかなりこれらの勢力に嫌気がさしているようです。COINが成功するためには地元民の協力が必要なので、この傾向は非常に注目に値します。

②バース党幹部のインタビューにおいて、交渉による紛争の解決が言われていますが、このような解決方法についてはどう思いますか?

この質問はいまのところ保留にさせていただきます。で、こちらのほうですが、

また、今の状況で有志連合を撤退させることは、イラク国内、国外にどのような影響をもたらすと思いますか?短期的でも、長期的にでも。

悲劇的な結果を生むと思います。短期的にはテロリストが勢力を持ち返し、アメリカに協力した現地の人々が虐殺されるでしょう。長期的にはイランの介入により、イラクは内乱になるでしょう。

③現行のアメリカの路線(COIN作戦、イラク政府治部隊育成など)で、イラクの市民が満足できる程度の治安の安定が得られると思われますか?

思います。これについては後でエントリーに詳細を書きます。
カカシ

ReplyEdit
soltycafe12 years ago

転載の手間を取らせてしまって、すみませんでした。
後の記事を楽しみに待っています。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *