February 1, 2008

マケインが候補でも政権を民主党に渡してはならない! 共和党よ癇癪をおこしている場合ではない!

The English version of this post can be read here.

著者:ミスター苺

バリバリ保守派女性政治評論家のアン・コルターはマケインが共和党候補に指名されたら自分はヒラリーの選挙運動を応援するとまで語った。これについて苺畑夫婦とはお友達ブログの Patterico(パテリコ)は拍手を送っている。以下パテリコ曰く。

僕はヒラリーの選挙運動までするとはいわないけど、裁判官のことだけじゃなく、何で気にする必要あるわけ?

なぜって、これがその理由だ。

負けるが勝ちではない。

もしジョン・マケインが指名されて一般選挙で負けたら、2012年に出馬する次の共和党候補はマケインよりも保守派どころかもっとリベラルだろう。1980年の時みたいに「偉大なる保守派の希望の星」が袖口から登場して民主党から政権を奪い取るなんて全く期待できない。

その間の8年間、オバマ大統領にしろヒラリー大統領にしろ俺たちがアメリカだと思ってることのほとんど政治的だけじゃなく文字どおり破壊されちまって、これがアメリカかよと思うような全然違う国になっちまってることだろう。もし俺たちがマケインと民主党のボンクラどもとの間に何の違いも見い出せないっていうなら、一時の感情に負けて馬鹿を見るのは俺たちのほうだ。

すべての保守派の希望にかなうような100%保守派理想の候補なんていやしないんだ。だいたいアメリカのほとんどの人が同意する意見とか、それをいうなら共和党保守派内部ですら全員一致の意見なんて存在しないんだから。一部の保守派が希望する政策を取り入れるとなったら残りの30%を力づくで制覇するしかない。

俺たちが住んでる国は小文字のdではじまる民主主義国家だ。これには憲法共和制が含まれる。だから自分とは違う他人の意見も国の方針に取り入れられなくちゃならないことになってる。レーガンの時代を振り返ってみても、せいぜい60%から65%の保守派政策が通った程度だった。確かに悪の帝国を倒すことや大幅な減税といった重要な65%ではあったけど。

俺たち苺畑夫婦がとりたててジョン・マケインのファンじゃないってことは読者のみなさんもご存じの通り。カリフォルニアの予選でもおれたち夫婦はマケインに投票する気はさらさらない。しかし、、、

  • マケイン支持者は対テロ戦争において我々の政策を保つために非常に大切なひとたちである。
  • マケインは政府の浪費を大幅に削減し贈賄などの腐敗をなくす努力をすると約束している。
  • マケインはプロライフ(人工妊娠中絶反対派)だ。
  • マケインは2001年の現在では反対票を投じたが(多分共和党予選でジョージ・Wに負けたことを恨んでのことだろうけど)今は低い税金を支持している。
  • マケインは同性同士の結婚には反対だ。
  • マケインは健康保険の民間会社の市場競争を支持し国民保険には反対している。
  • マケインは下らない訴訟の乱用で出る弊害を緩和するため訴訟法の改正を支持している。
  • マケインは国内での原油発掘を支持している。
  • マケインは市民の憲法で保証されている個人の権利である市民の銃砲所持を支持している。
  • 宇宙について、マケインは人間を送り出す月探検を再開し、火星探検にも意欲をもっている。

これら、保守派にとって重要なすべての政策において、マケインはオバマやヒラリーとは正反対の姿勢をとっているのだ。

選挙運動予算改正法や移民法、拘束したテロリストをどう扱うかとか、地球温暖化といったような保守派とは意見が異なる政策についてでも、民主党の二人が取ってる極左翼の姿勢とはくらべものにならないほど大人しいものだ。それに比べて民主党の奴らは国境を完全に開けっ放しして、本当かどうかも証明もされてない地球温暖化に国費を浪費してアメリカ経済を破たんさせ、テロリストを拘束することにも反対で、テロを刑事犯罪のように扱い対テロ戦争などやる気は全くない。そして過去のアメリカがそうであったように国内の諜報機関同士がそれぞれ情報交換することが違法だった古き悪しき時代に逆戻りしようというのだ。

ビルの意志を差し置いてヒラリーが選んだ国家副検察官のジェイミー・ゴアリック(Jamie Gorelick)が作ったゴアリックの壁を覚えているか?(カカシ注:アメリカの諜報部、CIA,
FBI, 防衛庁などが諜報に関する情報交換を禁止する法律をつくった本人)ヒラリー政権で彼女がどんな大臣に選ばれるのか想像しただけでも身の毛がよだつ。

最後に、マケインの癇癪持ちが大統領として適切かどうかという問題だが、それをいうならヒラリーの方がよっぽどひどい。ヒラリーのヒステリーはマケインのたまの暴発など足下にも及ばない。オバマときたら経験不足で気まぐれだ。敵に同情して正しい判断ができない可能性は大きい。

であるからして、アン・コルターのような保守派がマケインが共和党指名を受けたらヒラリーやオバマの選挙運動に協力するなんていうのは、現実を無視した気違い沙汰だとしかいいようがない。保守派ラジオDJのメッドビッドはこの症状を"MDS," McCain Derangement Syndrom、マケイン嫌悪症候群と読んでいるくらいだ。今回は珍しく奴と意見が合った。マケインが指名されたら民主党を支持するとか選挙には行かないなどとだだをこねてる奴らは完全にこの症候群に冒されている。

ロナルド・レーガンならそんなことはしなかったはずだ。レーガンが1976年にジェラルド・フォードに負けた時、レーガンはフォードのために選挙運動に出かけた。レーガンはフォードに負けた腹いせにジミー・カーターを応援するなんて言わなかったじゃないか。

保守派の連中にはもっと大人になれといいたい。マケインが共和党の候補に指名されたら、頼むからマケインを応援して投票日にはマケインに投票してくれよ。なぜってマケインは民主党の連中に比べたら一千倍もましなんだからさ。ヒラリーとオバマはハリー・トルーマンやヒューベルト・ハンフリーじゃないんだぜ。マケインが共和党を分裂されるって言い張ってるひとたちに限って、自分の思いどおりにならなきゃ共和党を辞めるなんていって、それこそ党の分裂を促進してるってことに気が付くべきだ。

俺は以前に移民法で自分らの要求の8割方が通ったにも関わらず10割通らなきゃ納得しないといってた保守派連中に警告した。オールオアナッシングなんて二者択一を迫ったら何にも得られなくなるぞってね。そしてその次に民主党が書く法案はもっと気に入らないものになってるだろうってさ。

今保守派が共和党候補に背を向けたら、次の選挙ではもっと強力になった現役の民主党を相手にしなきゃなくなる。そして次回も絶対に俺たちは負けるよ。

そしてその間に1994年の選挙からリベラル主義にゆっくりと抵抗するようになっていた国民のおかげで優位にたってきた保守派の功績もすべて失って元の木阿弥となる。ニュート・ギングリッチのいない今の共和党が政権と議会を取り戻せる希望は全くなるのだ。

February 1, 2008, 現時間 7:05 PM

エントリーが気に入ったらクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL: http://biglizards.net/mt4.21/agakhantrack.cgi/2773

コメント

前のコメント

登録ありがとうございます。 さん コメントを残して下さい。 (サインアウト)

このサイトへ初めて投稿される場合には、サイト主による承認が済むまで投稿が画面に現れないことがあります。しばらくお待ちください。


登録者を記憶する(URL必要)


© 2006-2015 by 苺畑カカシ - All Rights Reserved